logoleft

ムプマランガ州

峡谷、洞窟、そして無数の野生動物

ムプマランガ州

ムプマランガ州は、世界で3番目に深い峡谷、ブライドリバーキャニオンと、世界最古のスドワラ洞窟、間違いなく世界で最も有名な野生生物の聖域、クルーガー国立公園がその大部分を占めています。しかしながら、州の広さとしては南アフリカで2番目に小さな州です\

ムプマランガという言葉は、「太陽の昇る場所」という意味です。南アフリカでは小さな州のひとつですが、面積が狭くとも壮大な自然の多様性を見させてくれます。

ムプマランガ州には世界で最も有名な動物保護区があるだけでなく、世界で3番目に深い峡谷と、世界最古の洞窟があるほか、様々な動植物が生息する動物保護区が多数存在しています。

40億年もの太古、南極大陸とマダガスカルはムプマランガ州のブライドリバーキャニオンから分離し、北東の山々に向かってそびえ立ち、足元のローフェルド(低草原地帯)に向かって切り立つ広大な断崖という、壮大で美しい景色が生み出されました。

また、ムプマランガ州には、ソロモン王とシェバ女王の伝説から、古代のクリシースメールの水上浮遊の村まで、豊かな歴史もあります。

アフリカの先住民族、サン族とコイサン族の岩絵は、1870年代のゴールドラッシュ時代の面影と同様、歴史的な街ピルグリムズ・レストで後世のために保存されており、あちこちで見ることができます。

この地域の曲がりくねった山道や険しい谷間、川、手つかずの森は、魅惑的な自然現象を生み出し、30億年もの昔にできたスドワラ洞窟や、バークのラック・ポットホール(幸運の深い穴)、ゴッドウィンドウ(神の窓)、ワンダービュー、スリーロンダベルなどの見所があります。

また、素晴らしいバードウォッチングやハイキング、乗馬、サケ釣りをのんびりと楽しんだり、もっとワイルドに象の背中に乗ってサファリを巡ったり、いかだでの急流下りや滝のアブザイレン(垂直降下)をすることもできます。

ムプマランガ州では、誰もが野生生物に関心があり、南アフリカを象徴するクルーガー国立公園は他に類を見ない驚くほど多数の土着の種が生息する世界最大の野生生物保護区となっています。

しかしながら、もっとプライベートに野生動物観察を楽しみたいとお望みなら、数え切れないほど多数ある高級市場向けの動物保護区を訪れたり、サファリとスパリゾートを組み合わせたオプションを選んで従来の野生生物観察にワンランク上の楽しみを添えてみましょう。

詳細について

Mpumalanga Tourism Authority
The Kruger National Park
South African National Parks (SANParks)
Sudwala Caves

旅のヒントと計画づくりに関する情報

お問い合わせ先

ムプマランガ州観光・公園局, 電話:+27 (0)13 759 5300/01, FAX:+27 (0)13 755 3928, 電子メール:info@mtpa.co.za 

南アフリカ国立公園中央予約係, 電話:+27(0)12 428 9111, 携帯電話:+27 (0)82 233 9111, 電子メール:reservations@sanparks.org

行き方
ムプマランガ州は、南アフリカの主要都市と飛行機、鉄道でつながっています。また、隣接する州から車でも簡単にアクセスできます。

最適な訪問時期
夏は暑く、冬は温暖ですが時に寒くなります。野生生物の観察には冬が一番ですが、色鮮やかになる春はこの地域のほとんどの野生生物にとっての出産シーズンでもあります。

周辺情報
他に類を見ない写真撮影に絶好のスポットが多数あり、バークのラック・ポットホール、ゴッドウィンドウ、スリーランドベル、ブライドリバーキャニオンなどはほんの一例です。

おすすめツアー
スドワラ洞窟のガイドツアーや、古風なゴールドラッシュの町、ピルグリムズ・レストの歴史ツアーは特に人気のツアーです。