logoleft

北ケープ州

野生の花々、野生生物、そしてダイアモンドの地

北ケープ州

自然のままの広大な空間や野生の花、アフリカの大型のネコ科動物がお好きな人は、南アフリカの北ケープ州が大好きになるでしょう。北ケープ州には様々な見所がありますが、世界で最も大きなダイアモンド採掘の町のひとつが北ケープ州にあるほか、とにかく素晴らしい花畑があり、有名な黒いたてがみのライオンの生息地でもあります。

北ケープ州の大部分は、力強く流れるオレンジ川の南側に位置し、砂漠と半砂漠が広がっています。岩がところどころ露出する広大な不毛の平原が北ケープ州の特徴で、西側は大西洋の寒流に接しています。

若干、人里からは離れますが、北ケープ州にもたくさんの見所があります。8月と9月には、ナマクワランド地方(Namakwaland、かつてのNamaqualand)はまばゆい野生の花のじゅうたんと化します。この地方は豊かな花の生息地として世界的に有名で、写真撮影を目的としたサファリツアーがとても人気です。

クガラガディ・トランスフロンティア公園はアフリカ大陸南部で最大級の自然保護地域のひとつで、保護されている自然な生態系としては世界でも最大規模です。この公園は200万ヘクタール以上に及び、希少な黒いたてがみのライオンを見られる世界でも滅多にない場所のひとつです。その真の広さ、澄んだ空、鮮やかな夕日、またたく星空、そして信じられないほどの静寂を一度味わったら、二度と忘れることはできないでしょう。

リヒターズフェルド国立公園は、ナマクワランドの北西に位置しています。ここでは、その荒涼とした過酷な風景が訪れるものを魅了します。この地域にはナマ族が暮らし、羊や山羊を飼いながら、土地の物を食べて生活しています。リヒターズフェルドは日常からすっかり解放されたいと願う四輪駆動車や自然の愛好家に人気があります。

ダイアモンドの町キンバリーも北ケープ州にあり、ここにはキンバリー鉱山博物館があります。博物館には有名なビッグホールを望める展望デッキや、数々の歴史的な建築物があります。また、「生きた博物館」として知られ、昔のお店やバー、レストラン、教会、銀行などがダイアモンド採掘時代とそっくりそのまま再現されています。

詳細について

Namaqualand Tourism
Kimberley Tourism
South African National Parks

旅のヒントと計画づくりに関する情報

お問い合わせ先

北ケープ州観光局 電話:+27 (0)53 832 2657, 電子メール:northerncapetourism@telkomsa.net, ウェブサイト:www.northerncape.org.za

行き方
キンバリーをスタート地点として北ケープ州を探索するのがベストです。キンバリーには、ケープタウンとヨハネスブルグから飛行機の直行便が出ています。

最適な訪問時期
北ケープ州は半乾燥地域で、夏にはほとんど雨が降りません。冬は非常に寒く、夏は非常に暑くなります。旅行の計画を立てる際にはこのことに注意してください。

周辺情報
ペラミッションはまさに荒野の真っただ中にあります。スプリングボックから約150キロの地点にあり、1880年代後半にフランス人伝道師らによって建立された、目立つ黄色いカテドラルがあります。