logoleft

動物とペット

南アフリカに動物やペットを連れてくる際には、規制が存在することにご留意ください。例えば、複数の指定国から入国する犬には14日の隔離検疫期間が必要となります。幸い、猫にはこのような規定はありません。

南アフリカに動物を連れてくることは簡単です。ペット旅行サービス会社グローバルポーズのミシェル・ワード氏は、「たいてい、自分の国に帰る時の方がずっと大変です。南アフリカに動物を連れてくる際は、事前に帰国の際の要件を確認しておきましょう」とアドバイスしています。

外国から南アフリカにペットを連れて入国する際に適用される規則の一部をご紹介します。

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドを除き、動物は到着の30日以上前から1年以内までに狂犬病の予防接種を受けなければなりません。

12週以下の子犬と子猫は母親の免疫に守られていますが、同じく30日以上前から1年以内までの予防接種が必要です。

すべてのペットに対し、輸入許可が必要で、南アフリカ動物衛生局を通じて申請します(portias@nda.agric.za)。近隣諸国から入国するペットには、これらの国の政府機関獣医師の捺印つき移動許可書が必要です。

犬に対しては健康診断書が必要で、これには本国の獣医師による健診と血液検査が要求されます。書式は農業局から入手することができます(リンク参照)。

飛行機で移動するペットはすべて、旅客積荷として予約する必要があります。

南アフリカに動物やペットを連れてくることを決心したら、グローバル・ポーズ・ワールドワイド&ローカルペット・トラベルサービスのようなプロのサービスを利用することをご検討ください。このような会社は、書類や通関手続きに精通しています。

規模の大きなホテルほどペット不可のところが多いですが、より小規模なホテルではペット連れを歓迎してくれるところもあります。