logoleft

ケープ植物区

世界に18しかない生物多様性ホットスポットのひとつ

ケープ半島から東ケープにまたがるケープ植物区は、他に例を見ない多様な植物が生息する地域です。

ケープ植物区の面積はアフリカ大陸の0.5%未満ですが、アフリカの植物のなんと20%が生息しており、そのうちの多くがこの地域の固有種です。

ケープ植物区のあふれんばかりの植物は、南アフリカが世界でも有数の生物多様性地域のひとつである理由となっています。この豊かな自然遺産のほとんどは、地球上のここでしか見ることができません。9万平方キロに及ぶこの植物の王国では、1,000平方キロごとに465種の植物が生息しているとみられています。

ケープ植物区は、他にはない南アフリカらしさにあふれる地域です。というのも、この地域の植物の大部分が南アフリカの固有種だからです。その見事な豊かさのおかげで、南アフリカは世界で3番目に生物多様性に優れた国となっています。
ケープ植物区内の8つの保護区のひとつであるテーブルマウンテン国立公園では、その22,000ヘクタールに及ぶ面積の中に、ブリテン諸島やニュージーランドなどの一国全体をしのぐ植物の種が生息しています。
ケープ植物区は世界遺産にも登録されており、ケープ半島から山岳地を通って東ケープに至る地域をカバーしています。テーブルマウンテンのほかには、デホープ自然保護区、ボーランド、グルートウィンターフック自然区、スワートバーグ山脈、ブースマンスボス自然区、セダーバーグ、バビアーンスクルーフが含まれます。
ここに生息する植物の中には、火事の後に芽を出すという性質が科学者を驚かせて想像力を掻き立ててきた、フィンボスと呼ばれる膨大な植物グループがあります。フィンボスの中でも有名なのはプロテア(南アフリカの国の花にもなっています)、エリカ(ヒース)、そして草のようなサンアソウ科の植物です。ガーデニング愛好者にとっては、アロエやゼラニウム、グラジオラスなど1,400種にも及ぶ球根類のほうがなじみ深いでしょう。またケープ地方で人気の植物観光名所のひとつに、ケープタウンのカーステンボッシュ国立植物園があります。植物にあまり興味のない人でも楽しませてくれる花のモザイクは、その種の豊富さで恐らく世界一でしょう。テーブルマウンテンの麓に位置し、多くの観光客は案内の充実したコースを自分のペースで巡って楽しみますが、ツアーに参加することもできます。
ケープ地方で花を愛でるのに最適な季節は冬の終わりから春の初めにかけてで、ウェストコースト沿いから花いっぱいのケープ地方にかけて、素晴らしい眺めを楽しみに国中から観光客がやって来ます。

ケープ植物区は、他にはない南アフリカらしさにあふれる地域です。というのも、この地域の植物の大部分が南アフリカの固有種だからです。その見事な豊かさのおかげで、南アフリカは世界で3番目に生物多様性に優れた国となっています。

ケープ植物区内の8つの保護区のひとつであるテーブルマウンテン国立公園では、その22,000ヘクタールに及ぶ面積の中に、ブリテン諸島やニュージーランドなどの一国全体をしのぐ植物の種が生息しています。

ケープ植物区は世界遺産にも登録されており、ケープ半島から山岳地を通って東ケープに至る地域をカバーしています。テーブルマウンテンのほかには、デホープ自然保護区、ボーランド、グルートウィンターフック自然区、スワートバーグ山脈、ブースマンスボス自然区、セダーバーグ、バビアーンスクルーフが含まれます。

ここに生息する植物の中には、火事の後に芽を出すという性質が科学者を驚かせて想像力を掻き立ててきた、フィンボスと呼ばれる膨大な植物グループがあります。フィンボスの中でも有名なのはプロテア(南アフリカの国の花にもなっています)、エリカ(ヒース)、そして草のようなサンアソウ科の植物です。ガーデニング愛好者にとっては、アロエやゼラニウム、グラジオラスなど1,400種にも及ぶ球根類のほうがなじみ深いでしょう。またケープ地方で人気の植物観光名所のひとつに、ケープタウンのカーステンボッシュ国立植物園があります。植物にあまり興味のない人でも楽しませてくれる花のモザイクは、その種の豊富さで恐らく世界一でしょう。テーブルマウンテンの麓に位置し、多くの観光客は案内の充実したコースを自分のペースで巡って楽しみますが、ツアーに参加することもできます。

ケープ地方で花を愛でるのに最適な季節は冬の終わりから春の初めにかけてで、ウェストコースト沿いから花いっぱいのケープ地方にかけて、素晴らしい眺めを楽しみに国中から観光客がやって来ます。

ケープ植物区は広い範囲にまたがっており、ケープタウン(西ケープ州)やイーストロンドン(東ケープ州)などの街からのアクセスが一番便利です。ケープタウンには国際空港があり、鉄道でも国内の他地域とつながっています。イーストロンドンも、南アフリカの主要都市と飛行機、鉄道でつながっています。

自分で運転したほうがマイペースで探索できるため、オススメです。この地域のガイド付きツアーにも参加できます。

ありとあらゆる色の花が咲き乱れる初春が観光に一番の時期です。

週末を利用すると十分ゆったりと散策できるでしょう。

日焼け止めと帽子は必需品です。徒歩で散策したい方は、丈夫なウォーキングシューズをお勧めします。絶対にカメラはお忘れなく。この地域の色彩は息を飲むほどの美しさです。

カーステンボッシュ国立植物園

電話:+27 (0) 21 799 8783

FAX:+27 (0) 21 797 6570

電子メール:kirstenboschinfo@sanbi.org.za

極上のケープ地方の植物王国

ケープ植物区は世界に6つしかない植物王国のひとつです。

ケープ植物区

ケープ地方固有の花が生息するケープ植物区には、アフリカの植物種の20%、世界の植物種の3%が生息しており、世界でもあまりない生物多様性スポットのひとつです。