logoleft

ビッグファイブサファリ

ワクワク、ドキドキ、そしてゾッとするような体験も・・・

ビッグファイブサファリ

南アフリカのビッグファイブサファリは、野生動物の魅力に取りつかれたすべての人にとって欠かすことのできない見所です。ビッグファイブとは、水牛、象、ライオン、ヒョウ、サイのことで、狩猟するのに最も危険な動物と考えられていることからこの名前がつきました。今では、ビッグファイブを自然の生息環境の中で写真撮影することがスリル満点のレジャーとなっています。

南アフリカでのビッグファイブサファリは、ほとんどどの州で可能です。特にムプマランガ州とリンポポ州にまたがるクルーガー国立公園は、観光の象徴的存在であり続けています。

クルーガー国立公園にはビッグファイブ(ライオン、ヒョウ、象、サイ、水牛)が多数生息しており、ブッシュをドライブしながら、あるいはガイド付きの車や徒歩ツアーで回りながら観察することができます。

しかし、ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーを見ているわけではないことにご注意ください。ビッグファイブをすべて見ることができる確率は高いものの、全部見られない可能性もあります。ゆっくり運転し、水たまりで立ち止まり、鳥の警戒する鳴き声に耳を傾け、他の車が止まったら注意し、常に目を凝らすようにしてください。

不意打ちされることも覚悟しておいてください。木の太い枝でうたた寝しているヒョウ、深い灌木の茂みの中に半分隠れたクロサイ、狩りの後に木陰で休むライオンの群れ、音もなく道路を横切る象の大群やアフリカスイギュウの姿。これらはすべて値段のつけようがない貴重な瞬間です。

また野生動物を相手にしているときは、彼らのテリトリーの中にいるということを忘れないでください。南アフリカのビッグファイブに関しては、観察上のルールがあります。ガイドブックにしっかり目を通し、常にレンジャーの指示に耳を傾けてください。

ムプマランガ州のビッグファイブサファリでは、クルーガー国立公園内にも、サビサンド(世界で最もヒョウの密度が高い)、ティンババティ、クラセリーなどの隣接する私営保護区にも宿泊施設があります。一部のロッジでは宿泊客が記録的な速さでビッグファイブを見られることを売り物にしており、証明書を出しているところまであります。

ムプマランガ州でビッグファイブをすべて観察したら、次は「もっと小さなもの」を探し出す番です。フンコロガシのようなびっくりするような生き物をじっくり観察してみましょう。

詳細について

South African National Parks (SANParks)
Sabi Sand Reserve
Klaserie Private Reserve
Timbavati Private Nature Reserve
The Kruger National Park

旅のヒントと計画づくりに関する情報

お問い合わせ先

サビサビ
電子メール:res@sabisabi.com, 電話:+27 11 447 7172 

クルーガー国立公園

Inside SA 0861 KRUGER

インターナショナル:+27 21 468 7255

イギリス国内専用フリーダイヤル:0800 014 8420

南アフリカ国立公園局

本部:+27 (0)12 428 9111

reservations@sanparks.org

行き方
私営保護区に向かうには、ムプマランガ州のクルーガー公園国際空港(KPIA)まで飛行機で向かうと、出迎えを受けることができます。ヨハネスブルグからチャーター便を出しているロッジもあります。クルーガー公園国際空港でレンタカーを借り、クルーガーまで車で行くこともできます。足回りのスペースが広く、高い位置から野生動物を観察できるバンやコンビの車両を借りると良いでしょう。余裕をもって早めに予約してください。

最適な訪問時期
どの季節にもそれぞれの楽しみがあります。しかし、冬の終わりから春の初めが特におすすめです。冬の後で草もまだ低く、水場も一部の限られた場所に集中しており、動物の観察がしやすくなります。また最初の雨の後、まばゆいばかりの緑が出始める頃に出産シーズンを迎えることも、この時期の大きな魅力です。

宿泊施設
お子様連れの場合は、プール、お店、レストラン、さらには夜間の野外ビデオショーもある大き目の施設にお泊りください。プライベートロッジにお泊りの時は、お子様お断りの施設もありますので、必ずご確認ください

おすすめツアー
自分の車でドライブするのも楽しいですが、レンジャーの鍛えられた目にかなうものはありません。レンジャーのガイド付きの車または徒歩のツアーにご参加ください。自分自身で回るよりもずっと多くのことを学び、見ることができるでしょう。