logoleft

マロチ・ドラケンスバーグ・トランスフロンティアプロジェクト

豊かな生物多様性のある、美しい水の工場

マロチ・ドラケンスバーグ・トランスフロンティアプロジェクト

マロチ・ドラケンスバーグ・トランスフロンティアプロジェクトは、デリケートな高地の草原地帯とアフリカ最大の水の工場とも呼ばれる岩だらけの山頂を保護することを目的としています。また、希少な鳥類、哺乳類、高山植物の聖域にもなっています。

空高くそびえる南アフリカのドラケンスバーグ山脈は、南アフリカの東部に沿ってカマのような形に広がっています。最も標高の高い山はレソトのマロチ山脈と肩を並べており、亜熱帯性のインド洋の海岸線から雨をたたえて登ってくる雲の行く手を阻んでいます。

このふたつの山脈は、アフリカで最大の水の産地となっています。この重要な集水地域を保護するのが、マロチ・ドラケンスバーグ・トランスフロンティアプロジェクトです。高くそびえる玄武岩と原始のままの高地の草原から、雨が数々の澄んだ小川となって絶えず注ぎ、東部を流れるツゲラ川とウムジンブブ川、そして西に流れる南アフリカの母なる川、オレンジ川の源となっています。

トランスフロンティアプロジェクトの南アフリカ側にある、ドラケンスバーグ山脈の壮大なアンフィシアター(円形劇場のような断崖)の上方をじっと見ていると、端からツゲラ川が細い流れとなって落ちていくのが見えます。これは世界で2番目に高い滝です。

脇に砂岩の山を抱えたごつごつとした玄武岩の山脈は、ゴンドワナが1億8,000万年前に分裂した時に流れ込んだ溶岩の名残です。これらの傷つきやすい高地は、アフリカ南部で最も希少な鳥類の一部が生息する場所でもあり、ホオカザリヅル、ハゲトキ、骨を食べるヒゲワシなどがいます。

ドラケンスバーグ・トランスフロンティア自然保護区の高山植物は、(過放牧や踏みつけによる)環境攪乱に非常に敏感です。ここは、「水の工場」の重要な一部である様々な湿地の泉、泥沼、水たまり、沼地の聖域でもあります。

マロチ・ドラケンスバーグ・トランスフロンティアプロジェクトを訪ねるのに最適な時期は、草原に花が咲き乱れる11月から2月にかけてです。珍しいフィンボスのプロテア、オレンジ色のアフリカ・グラジオラス、レッドリバー・ユリ、英語でレッドホットポーカー(真っ赤な火かき棒)と呼ばれるクニフォフィア、もっと繊細なコウトウシランなどが見られます。

レソト側では、この地域の固有種である非常に希少なスパイラルアロエを見ることもできます。

詳細について

Maloti-Drakensberg Transfrontier Project
Maloti Drakensberg Route
Ezemvelo KZN Wildlife
Peace Parks Foundation

旅のヒントと計画づくりに関する情報

お問い合わせ先

詳しくは:
KZNワイルドライフ予約係:+27(0)33 845 1000, ウェブサイト:www.kznwildlife.com

レソト側マロチ・ドラケンスバーグプロジェクト:+266 (22) 312 662, 電子メール:cmokuku@maloti.org.ls

行き方
ドラケンスバーグ山脈は、(空港のある)ダーバンから内陸に数時間のところにあります。ヨハネスブルグまたはプレトリアから壮観なサニパスを通って、レソトに向かって車で来ることもできます。ただし、四輪駆動車でないと無理ですが、通常のセダンでも通行できるよう、道路を舗装する計画があります。

最適な訪問時期
それぞれの季節に魅力があり、そのすべてを1日で体験できる時期もあります。冬は雪が多く、夏には圧巻の雷雨がよく起こります。秋と春は特に快適です。

宿泊施設
南アフリカ側には、キャンプや自炊設備のある山小屋から豪華なゲストハウスやホテルまで、様々な宿泊施設があります。レソト側の宿泊施設も快適ですが、全体的により素朴です。