logoleft

ペンギンの保護

アフリカペンギンの保護に力を貸してください

膝の高さ程度の大きさで、ややフォーマルないでたちのアフリカペンギンは、数多くの保全の取り組みの対象になっています。

アフリカペンギンの数は数十年に渡って減り続けていますが、保護に向けた南アフリカ人の創意工夫がその救出に役立っています。

南アフリカにおけるペンギンの保護は、気候変動、魚の減少、適切な生息地の不足など、困難な多数の挑戦を乗り越えてきました。しかし、最もドラマチックな出来事は、2000年にアフリカペンギンの最大のコロニーが石油の流出に脅かされたことです。南アフリカ人は急いで救出に乗り出しました。

 

ちょっと目を細くしてみると、膝の高さくらいの大きさの、ややフォーマルないでたちをしたアフリカペンギンの姿がすぐに見つけられるでしょう。
アフリカペンギンは可愛らしい生き物です。3,000匹以上が生息するコロニーのある、ケープタウンに近いボルダーズビーチで近くからじっくり観察すると、一生忘れえない素晴らしい体験のひとつとなるでしょう。
しかし、その数は数十年に渡って減少を続けています。アフリカペンギンは現在、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)によって絶滅危惧種に指定されています。
南アフリカにおけるペンギンの保護には、革新的な思考が必要とされてきました。2000年の冬には、1,300トンの石油を積んだタンカーが、ペンギンの重要な保護区域であるロベン島及びダッセン島の近くで沈没しました。これはまさに大災害となりました。
石油をかぶったペンギンは、SANCCOB(南アフリカ沿岸鳥類保護基金)の何百人ものボランティアによって手当を受けました。被害に遭わなかったペンギンも汚染された海に出るのを防ぐため、隔離されました。しかし、永久に隔離するわけにはいきません。
巧妙な計画が生み出されました。2万羽以上のアフリカペンギンがポートエリザベスに移され、本来の生息地から1000キロ近くも離れた海に放たれたのです。
そのうち3羽のペンギンに送信機を取り付け、南アフリカ人はハラハラしながらペンギンたちが元の海に帰る様子を見守りました。これによって、当局は2週間の猶予を得て島のビーチをきれいにすることができました。
もうひとつの心温まるエピソードは、ペンギンの巣にまつわるものです。ペンギンは、卵や赤ちゃんを熱や天敵から守るため、狭い穴や藪の下に巣を作るのを好みます。
ダイアー島保全トラストは、人工の強化繊維を使った巣穴をペンギンのために作ることを考え付きました。設置されると、ペンギンはさっそく中に入って無事に繁殖しました。これは南アフリカのペンギン保護にとって、大きな一歩となっています。

ちょっと目を細くしてみると、膝の高さくらいの大きさの、ややフォーマルないでたちをしたアフリカペンギンの姿がすぐに見つけられるでしょう。


アフリカペンギンは可愛らしい生き物です。3,000匹以上が生息するコロニーのある、ケープタウンに近いボルダーズビーチで近くからじっくり観察すると、一生忘れえない素晴らしい体験のひとつとなるでしょう。

しかし、その数は数十年に渡って減少を続けています。アフリカペンギンは現在、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)によって絶滅危惧種に指定されています。

南アフリカにおけるペンギンの保護には、革新的な思考が必要とされてきました。2000年の冬には、1,300トンの石油を積んだタンカーが、ペンギンの重要な保護区域であるロベン島及びダッセン島の近くで沈没しました。これはまさに大災害となりました。

石油をかぶったペンギンは、SANCCOB(南アフリカ沿岸鳥類保護基金)の何百人ものボランティアによって手当を受けました。被害に遭わなかったペンギンも汚染された海に出るのを防ぐため、隔離されました。しかし、永久に隔離するわけにはいきません。

巧妙な計画が生み出されました。2万羽以上のアフリカペンギンがポートエリザベスに移され、本来の生息地から1000キロ近くも離れた海に放たれたのです。

そのうち3羽のペンギンに送信機を取り付け、南アフリカ人はハラハラしながらペンギンたちが元の海に帰る様子を見守りました。これによって、当局は2週間の猶予を得て島のビーチをきれいにすることができました。

もうひとつの心温まるエピソードは、ペンギンの巣にまつわるものです。ペンギンは、卵や赤ちゃんを熱や天敵から守るため、狭い穴や藪の下に巣を作るのを好みます。

ダイアー島保全トラストは、人工の強化繊維を使った巣穴をペンギンのために作ることを考え付きました。設置されると、ペンギンはさっそく中に入って無事に繁殖しました。これは南アフリカのペンギン保護にとって、大きな一歩となっています。

 

野生のアフリカペンギンを観察するのに最適な場所のひとつであるボルダーズビーチは、ケープタウンの中心地から車で約30分ほどで、手軽にアクセスできる距離にあります。

ビーチ沿いの遊歩道を歩くとペンギンを近くから観察することができます。

1年中楽しめますが、春から初夏にかけて雛が孵ります。

大人35ランド、12歳未満の子供10ランドです。

数時間あるとゆっくりビーチを散策し、ペンギンを観察することができます。

サングラスと日焼け止めは必需品です。カメラも忘れないでください。アフリカペンギンは写真映えする可愛らしい生き物です

近くのサイモンズタウンの古風なB&Bやゲストロッジをお試しください。サイモンズタウンは見所や体験が満載の歴史ある港町です。

近くの歴史ある港町、サイモンズタウンを訪ねてみましょう。南アフリカ海軍の中心地で、数々の魅力的な博物館があります。

サイモンズタウン観光案内

電話:+27 (0) 21 786 8440

FAX:+27 21 786 8459

電子メール:simonstown@tourismcapetown.co.za

アフリカペンギンは、その騒々しい鳴き声からジャッカスペンギンとも呼ばれます。

南アフリカのペンギン保護には創意工夫が求められました。

南アフリカのペンギン保護には、予想外の展開もありました。アフリカペンギンの保護活動では、人工の巣や遠くからの移動などの措置も取られました。