logoleft

ブライドリバーキャニオン自然保護区

極上の美しい風景

ブライドリバーキャニオン自然保護区には素晴らしい眺めがあり、人気のパノラマルートの一部にもなっています。

壮大な風景が広がるムプマランガ州のブライドリバーキャニオン自然保護区は、ドラケンスバーグ山脈を横切っています。ここでは貴重な自然の名所と動植物を楽しめます。

ブライドリバーキャニオン自然保護区は、ムプマランガ州に位置し、ゴッドウィンドウ(神の窓)など南アフリカで最も壮大な景色が広がるスポットがいくつかあります。景色を眺めながらのドライブのほかに、ハイキングやスイミングなどのアクティビティを楽しめます。水に浸食されたバークのラック・ポットホール(幸運の深い穴)などの自然の不思議には、疲れ切った旅行者も感心させられることでしょう。

 

南アフリカのブライドリバーキャニオン自然保護区は、29,000ヘクタールに渡ってドラケンスバーグ山脈を横切っています。保護区には見事な眺めのクライン・ドラケンスバーグ断層があり、ブライドリバーキャニオンに沿って広がっています。ブライドリバーキャニオンには、ゴッドウィンドウ(神の窓)や川床まで800メートルの落差があるワンダービューなど、壮大な眺めを楽しめるスポットがあります。そのため、この地域はパノラマルートの一部にもなっています。
この地域の環境は、霧の多い高地から、ブライドリバーダム近辺の暖かいローフェルド(低草原地帯)まで、変化に富んでいます。ブライドリバーキャニオン自然保護区はムプマランガ州に位置し、世界で3番目に、そしてアフリカで最も深い渓谷であるブライドリバーキャニオンを包み込んでいます。アフリカ断層に沿って50キロに渡って広がり、東側には渓谷の壁から巨大な円錐形の白雲石が3つ並んでそびえ立つスリーロンダベル、またの名をスリーシスターズがあります。木に覆われた渓谷からはピナクル(頂点)というぴったりの名前を付けられた珪岩が柱状に伸びており、さらに壮大な眺めを形成しています。
バークのラック・ポットホール(幸運の深い穴)は、喜びの川という意味のブライド川と、悲しみの川という意味のトルアー川が合流するところで、独特の地質が形成されています。何千年にも渡る水の浸食の結果、渓谷の赤と黄色の岩に円筒形の穴ができ、魚が棲む岩のプールがあちこちにできました。この自然保護区には千種以上の植物が生息しており、そのうちソテツ科の20種近くが絶滅危惧種になっています。また、美しい滝もいくつかあります。
ムプマランガ州のブライドリバーキャニオン自然保護区には、区内の高度の違いや過酷な気候条件、様々な土壌条件のおかげで、多数の動植物が生息しています。動物は、岩場に棲むケープハイラックスやクリップスプリンガーから、草原に棲む珍しいオリビ、リーボック、ネズミ類、鳥類、そしてブライド川の岸の緑豊かな地域に棲むカワイノシシなどが生息しています。さらに、スワンジニダムとブライド川の湿地には、南アフリカに生息する霊長類5種すべてのほか、ワニ、カバ、水鳥、カワウソが生息しています。

南アフリカのブライドリバーキャニオン自然保護区は、29,000ヘクタールに渡ってドラケンスバーグ山脈を横切っています。保護区には見事な眺めのクライン・ドラケンスバーグ断層があり、ブライドリバーキャニオンに沿って広がっています。ブライドリバーキャニオンには、ゴッドウィンドウ(神の窓)や川床まで800メートルの落差があるワンダービューなど、壮大な眺めを楽しめるスポットがあります。そのため、この地域はパノラマルートの一部にもなっています。

この地域の環境は、霧の多い高地から、ブライドリバーダム近辺の暖かいローフェルド(低草原地帯)まで、変化に富んでいます。ブライドリバーキャニオン自然保護区はムプマランガ州に位置し、世界で3番目に、そしてアフリカで最も深い渓谷であるブライドリバーキャニオンを包み込んでいます。アフリカ断層に沿って50キロに渡って広がり、東側には渓谷の壁から巨大な円錐形の白雲石が3つ並んでそびえ立つスリーロンダベル、またの名をスリーシスターズがあります。木に覆われた渓谷からはピナクル(頂点)というぴったりの名前を付けられた珪岩が柱状に伸びており、さらに壮大な眺めを形成しています。

バークのラック・ポットホール(幸運の深い穴)は、喜びの川という意味のブライド川と、悲しみの川という意味のトルアー川が合流するところで、独特の地質が形成されています。何千年にも渡る水の浸食の結果、渓谷の赤と黄色の岩に円筒形の穴ができ、魚が棲む岩のプールがあちこちにできました。この自然保護区には千種以上の植物が生息しており、そのうちソテツ科の20種近くが絶滅危惧種になっています。また、美しい滝もいくつかあります。

ムプマランガ州のブライドリバーキャニオン自然保護区には、区内の高度の違いや過酷な気候条件、様々な土壌条件のおかげで、多数の動植物が生息しています。動物は、岩場に棲むケープハイラックスやクリップスプリンガーから、草原に棲む珍しいオリビ、リーボック、ネズミ類、鳥類、そしてブライド川の岸の緑豊かな地域に棲むカワイノシシなどが生息しています。さらに、スワンジニダムとブライド川の湿地には、南アフリカに生息する霊長類5種すべてのほか、ワニ、カバ、水鳥、カワウソが生息しています。

 

パノラマルート沿いに位置し、クルーガー国立公園の西やサビー、ネルスプロイトから簡単にアクセスできます。

アブセイリング(垂直降下)には6月から8月末までの冬がベストですが、ブライドリバーキャニオン自然保護区では1年中素晴らしい眺めを楽しむことができます。

丈夫なブーツ、カメラ、双眼鏡、スイミング用具、日焼け止め、帽子をお持ちください。アドベンチャーのセンスもきっと大いに役立ちます。

ブライドリバーキャニオン・ハイキングトレイル、ゴッドウィンドウ、スリーロンダベル、ピナクル、バークのラック・ポットホール、ビジターセンター、ブライドダムではツアーがご利用いただけます。

ムプマランガ州観光・公園局

電話:+27 (13) 759 5300

www.mpumalanga.com

電子メール:info@mtpa.co.za

ブライドリバーキャニオンの美しい景色

ブライドリバーキャニオンは世界で3番目に深い渓谷で、モラツェリバーキャニオンと改称されました。

ブライドリバーキャニオン自然保護区

壮大な眺めのムプマランガ州のブライドリバーキャニオン自然保護区は、ドラケンスバーグ山脈を横切っています。ここには貴重な自然の名所があり、多数の動植物が生息しています。