logoleft

ソウェト黒人居住区ツアー

闘争の中心地

南アフリカ最大の黒人居住区ソウェトは、自由への闘争が形作られた地です。

自由闘争の実績と活気ある都市の鼓動によって知られる象徴的な黒人居住区を体験するには、ソウェト黒人居住区ツアーが理想的な方法です。

ソウェト黒人居住区ツアーは、初めてこの地を訪れる観光客が自由闘争の中心地であったこの街の鼓動に浸れる最高の方法です。ソウェトのツアーには、国家的な跡地だけでなく活気あるレストランやクラブも含まれています。

ソウェト黒人居住区ツアーは、自由闘争を理解したいと願う観光客には必見のツアーです。
19世紀後半のダイアモンドと金の発見は、独立した部族領に住んでいた多くの南アフリカの黒人がゴールドラッシュ、ダイアモンドラッシュの村へ向かうという状況を作り出しました。1899年までに、部族領に住む者はいなくなり、その結果自由、土地、自給自足する能力が失われました。
ソウェト黒人居住区ツアーは、いかにして多くの黒人が都市、特にヨハネスブルグに魅せられていったかを説明してくれます。黒人たちは鉱山や工場に隣接した男女別の安宿に住まわされました。その劣悪な生活環境で悪名高い、フォーズバーグ北部の多民族スラム街に住む者もありました。
しかし、健康上のリスクではなく異なるグループが「親しく生活している」ことが当局の懸念材料となっていました。1904年、腺ペストが発生すると、ナンスフィールド地区を焼き払って1,358人の黒人居住者をヨハネスブルグから13キロ離れたクリップスプロイトに移住させる口実が与えられ、クリップスプロイトは後にピムビル、そしてソウェトと呼ばれるようになりました。
市の下水処理施設(皮肉にも白人には利益のない土地の一角であったために選ばれました)に位置する南西黒人居住区(ソウェト)が創設されると、黒人はヨハネスブルグに住むことが法律によって禁止されました。ソウェトは急速に拡大し、様々な人々が住みつきました。
それから90年に渡って、ソウェトは都市の黒人文化と自由への闘争の中心地となりました。現在は、ソウェト黒人居住区ツアーでその鼓動と歴史を体験することができます。
しかし、短いツアーではソウェトがもたらすすべてを評価することはできないでしょう。ソウェトに一泊するツアーのほうがはるかにオススメです。そうすれば自由闘争の地を訪れた後、活気ある社会のシーンや騒々しいナイトライフに触れることができます。

ソウェト黒人居住区ツアーは、自由闘争を理解したいと願う観光客には必見のツアーです。

19世紀後半のダイアモンドと金の発見は、独立した部族領に住んでいた多くの南アフリカの黒人がゴールドラッシュ、ダイアモンドラッシュの村へ向かうという状況を作り出しました。1899年までに、部族領に住む者はいなくなり、その結果自由、土地、自給自足する能力が失われました。

ソウェト黒人居住区ツアーは、いかにして多くの黒人が都市、特にヨハネスブルグに魅せられていったかを説明してくれます。黒人たちは鉱山や工場に隣接した男女別の安宿に住まわされました。その劣悪な生活環境で悪名高い、フォーズバーグ北部の多民族スラム街に住む者もありました。

しかし、健康上のリスクではなく異なるグループが「親しく生活している」ことが当局の懸念材料となっていました。1904年、腺ペストが発生すると、ナンスフィールド地区を焼き払って1,358人の黒人居住者をヨハネスブルグから13キロ離れたクリップスプロイトに移住させる口実が与えられ、クリップスプロイトは後にピムビル、そしてソウェトと呼ばれるようになりました。

市の下水処理施設(皮肉にも白人には利益のない土地の一角であったために選ばれました)に位置する南西黒人居住区(ソウェト)が創設されると、黒人はヨハネスブルグに住むことが法律によって禁止されました。ソウェトは急速に拡大し、様々な人々が住みつきました。

それから90年に渡って、ソウェトは都市の黒人文化と自由への闘争の中心地となりました。現在は、ソウェト黒人居住区ツアーでその鼓動と歴史を体験することができます。

しかし、短いツアーではソウェトがもたらすすべてを評価することはできないでしょう。ソウェトに一泊するツアーのほうがはるかにオススメです。そうすれば自由闘争の地を訪れた後、活気ある社会のシーンや騒々しいナイトライフに触れることができます。

ソウェトは、ヨハネスブルグから南西に向かう高速道路から標識によりわかりやすく案内されていますが、ツアーに参加する方が良いでしょう。

ソウェトのツアーは1年中いつでも楽しめます。

値段はツアーオペレーターによって異なります。ほとんどは現在の標準に従った妥当な価格となっています。中には露骨なほど安いものもあります。

関心の高さに合わせて、半日か1日のツアーが選べます。1泊する場合は、2日に渡ってより深くソウェトを探索できるでしょう。

快適なウォーキングシューズまたはブーツ。カメラをお忘れなく。

ソウェトにはホームステイからB&B、ゲストハウス、4つ星の高級ホテルまで、様々な宿泊手段があります。

多数の素晴らしいレストランがあり、特にビリカジストリートでは、トリップ(牛の胃袋)、モホドゥ(野生のほうれん草)、引き割りトウモロコシと豆とティングを使ったツワナ族の伝統料理などの地元の名物をお試しください。

ソウェトでは1年を通じて様々なフェスティバルが開催されます。ツアーオペレーターに何があるかお尋ねください。ヘクタール・ピーターソン博物館と記念館、ネルソン・マンデラ博物館もお忘れなく。

アパルトヘイト博物館も近く、ソウェト黒人居住区ツアーの一部に含むべきです(エンターテイメントで人気のゴールドリーフシティに隣接しています)。アドベンチャー好きの方は、オーランドタワーのバンジージャンプを試せます。

街中のマーケットで安価な、しかし良質の地元の美術品や民芸品をお買い求めいただけます。

ソウェトツアーに関してはこちらにお問い合わせください。

ヨハネスブルグ観光会社 ウェブサイト:www.joburgtourism.com

ソウェトツアーズ ウェブサイト:www.soweto.co.za

ソウェト黒人居住区ツアー

都市の活気と喧騒に溢れるソウェト

ソウェトは、ノーベル平和賞受賞者を2人輩出した世界で唯一の場所です。ネルソン・マンデラとデスモンド・ツツは、同じ通りに住んでいました。

ソウェト黒人居住区ツアー

ソウェト黒人居住区ツアーは、南アフリカの自由闘争の中心地を知るだけでなく、現在の活気ある黒人居住区文化にも親しむことができます。