logoleft

ニュータウン文化指定区

常にクリエイティブなニュータウン

ニュータウンには豊富なエンターテイメントがあり、アーティスト、ミュージシャン、ダンサー、パフォーマーが集まっています。

ヨハネスブルグの都市再生策の一環として生まれたニュータウン文化指定区は、かつての古いレンガのスラム街から文化、エンターテイメント、小売の中心地となりました。

ヨハネスブルグのダウンタウンにあるニュータウン文化指定区は、明らかにコスモポリタンな躍動に満ちています。その流行を行くコーヒーショップ、レストラン、アートギャラリー、クラブの根底には、アパルトヘイトに抵抗する演劇や音楽、詩を呼び集めたのと同じアバンギャルドな雰囲気が今も残っています。

 

ニュータウン文化指定区は、ヨハネスブルグの文化シーンの心臓部で、クリエイティブな芸術が育まれ、賞賛を受ける場所です。
ヨハネスブルグのニュータウンのように、文化の多様性に満ちた場所は多くありません。ここでは、ヒンズー教の司祭がディーワーリーのお祝いの盛大な花火でヨハネスブルグの夜空を照らし、中国の旧正月で獅子舞が火を噴き、ネルソン・マンデラ橋をゲイプライドパレードのサンバが練り歩き、ジャズの愛好家が毎年恒例のジョイ・オブ・ジャズフェスティバル目当てにニュータウンに集まってきます。
メアリー・フィッツジェラルド広場を中心とするニュータウンは、博物館、アートギャラリー、民芸品工房、ダンスファクトリー、ライブハウス、クラブ、バー、レストランであふれかえっています。ニュータウン文化指定区で最も有名なランドマークには、ミュージアム・アフリカ、マーケットシアター、キッピーズ・ジャズクラブ、グラマドエラズ・レストランなどがあります。
ニュータウンで、サイ・ボノ・ディスカバリーセンターを訪ねたり、個性的な本屋を回ったり、「SABビールの世界」を見学したり、独創的なアフリカの美術品・民芸品を多数のギャラリーで買い求めてみましょう。ニュータウン地区内の近くには、歴史あるショッピングの人気の場所、オリエンタルプラザもあります。
ニュータウン文化指定区は、おそらくその波乱に満ちた政治の過去のおかげで、今も全く人種差別のない地であり続けています。1900年代半ばから、ミュージシャン、アーティスト、詩人、ダンサーが人種に関わりなくこの地に集まるようになり、アパルトヘイト下でクリエイティブな表現を通じて命への思いを吐き出してきました。この果敢な抵抗の血が今もニュータウンの鼓動となっています。もしあなたが最先端の物議を醸すような境界を打ち破る表現でインスピレーションを得られるなら、ここでこそ、それを体験することができるでしょう。
典型的なヨハネスブルグの夜の外出をお探しなら、ニュータウン以外に行く必要はありません。カルディコーヒーに立ち寄ってエチオピア、タンザニア、ケニアの刺激的な飲み物を楽しみ、広場に面した流行のカフェで金の街に沈む夕日を眺め、食事に出かけてからショーや展覧会を見に行きましょう。その後、夜はニュータウンのクラブやライブミュージックをお楽しみください。クリエイティブなニュータウンは、いつまでもあなたを楽しませてくれることでしょう。

ニュータウン文化指定区は、ヨハネスブルグの文化シーンの心臓部で、クリエイティブな芸術が育まれ、賞賛を受ける場所です。

ヨハネスブルグのニュータウンのように、文化の多様性に満ちた場所は多くありません。ここでは、ヒンズー教の司祭がディーワーリーのお祝いの盛大な花火でヨハネスブルグの夜空を照らし、中国の旧正月で獅子舞が火を噴き、ネルソン・マンデラ橋をゲイプライドパレードのサンバが練り歩き、ジャズの愛好家が毎年恒例のジョイ・オブ・ジャズフェスティバル目当てにニュータウンに集まってきます。

メアリー・フィッツジェラルド広場を中心とするニュータウンは、博物館、アートギャラリー、民芸品工房、ダンスファクトリー、ライブハウス、クラブ、バー、レストランであふれかえっています。ニュータウン文化指定区で最も有名なランドマークには、ミュージアム・アフリカ、マーケットシアター、キッピーズ・ジャズクラブ、グラマドエラズ・レストランなどがあります。

ニュータウンで、サイ・ボノ・ディスカバリーセンターを訪ねたり、個性的な本屋を回ったり、「SABビールの世界」を見学したり、独創的なアフリカの美術品・民芸品を多数のギャラリーで買い求めてみましょう。ニュータウン地区内の近くには、歴史あるショッピングの人気の場所、オリエンタルプラザもあります。

ニュータウン文化指定区は、おそらくその波乱に満ちた政治の過去のおかげで、今も全く人種差別のない地であり続けています。1900年代半ばから、ミュージシャン、アーティスト、詩人、ダンサーが人種に関わりなくこの地に集まるようになり、アパルトヘイト下でクリエイティブな表現を通じて命への思いを吐き出してきました。この果敢な抵抗の血が今もニュータウンの鼓動となっています。もしあなたが最先端の物議を醸すような境界を打ち破る表現でインスピレーションを得られるなら、ここでこそ、それを体験することができるでしょう。

典型的なヨハネスブルグの夜の外出をお探しなら、ニュータウン以外に行く必要はありません。カルディコーヒーに立ち寄ってエチオピア、タンザニア、ケニアの刺激的な飲み物を楽しみ、広場に面した流行のカフェで金の街に沈む夕日を眺め、食事に出かけてからショーや展覧会を見に行きましょう。その後、夜はニュータウンのクラブやライブミュージックをお楽しみください。クリエイティブなニュータウンは、いつまでもあなたを楽しませてくれることでしょう。

 

 

ヨハネスブルグの北からは、M1高速道路を南下し、ヤン・スマッツ出口を出てヤン・スマッツ通りとエンパイヤ通りの交差点まで直進します。この交差点を通過し、ブラームフォンテーンまで丘を登るとウィットウォーターズランド大学のキャンパスが右手に見え、バーサ通りに入ります。その後ネルソン・マンデラ橋に向かって直進すると、ニュータウンに入ります。

ヨハネスブルグの南からは、M1高速道路を北上し、カーストリート出口で下ります。クインストリートに直進し、左折してブリーストリートに入ります。その後道なりに進むとニュータウンに着きます。

 

マーケットシアターと、キッピーズ・ジャズクラブの裏手に広くて安全な駐車場があります。

ニュータウンは、タクシーバス、メーター式タクシー、車でアクセスできます。ツアーの一部としてニュータウンを訪れることもできます。

ニュータウンは流行の最先端にあり1年中いつでも素晴らしい場所です。最新のイベントやフェスティバルの情報は、ニュータウン管理局のウェブサイトをご確認ください。

半日、または1日かけて名所を回ることができます。

美術館やお店、ギャラリーを多数回る計画でしたら、快適なウォーキングシューズをお勧めします。車で直接食事やクラブに向かうなら、ジミーチュウのファッションがしっくり来るでしょう。

近くのマプングブウェにお泊りください。4つ星の現代的なアフリカをテーマにしたホテルや、アシャンティのデザイナー家具付きのアパートメントがあります。もしくは、近くのブラームフォンテーンや高速道路沿いにも多数のホテルがあり、ソウェトのクリップタウンにはシックな4つ星のホリデーインもあります。

ニュータウンには人気のレストランが多数あり、ステーキからシーフードまで楽しめます。アフリカ料理にインスピレーションを受けた料理は、マーケットシアターにあるモヨ(汎アフリカ料理)やグラマドエラズ(南アフリカ伝統料理)で楽しめます。ソフィアタウンでは心のこもったアフリカ系フュージョン料理が、近くのフォーズバーグでは街で一番のインド料理レストランがいくつかあります。

ニュータウンでは、スタンダードバンク主催ジョイ・オブ・ジャズ、ニュータウン・ディーワーリー・フェスティバル、ヨハネスブルグ・ペールヤロナ・カーニバル、ヨハネスブルグ大晦日パーティ、ヨハネスブルグ・アートアライブ、南アフリカ・ファッションウィーク、アフリカの日のコンサート、ファーストナショナルバンク主催ダンスアンブレラなど、ヨハネスブルグで最も重要なイベントが複数開催されます。

ニュータウン周辺には、数々の歴史的建造物があり、中には1800年代後半のものもあります。ブラームフォンテーンで、ウィットウォーターズランド大学のオリジンズセンターや、ヒルブロー地区との境にあるコンスティチューションヒルを訪ねてみましょう。南には、ゴールドリーフシティとアパルトヘイト博物館、南西にはソウェトがあります。

自分の興味に合わせて、汎アフリカ料理から闘争の歴史、美術館・アートギャラリー、歴史的建造物、街の遺産巡りなどのツアーを楽しめます。

投資用アートから衣類、ジュエリー、道端の美術品、写真、コレクション品まで、ニュータウンでは様々な美術品・民芸品の買い物が楽しめます。

 

ニュータウン管理局

電話:+27 (0)11 833 4053

FAX:+27 (0)11 832 2826

電子メール:communications@newtown.co.za

ニュータウンの広場は1920年の労働運動家で後のヨハネスブルグ副市長、メアリー・フィッツジェラルドにちなんで名づけられました。

ニュータウン文化指定区、ヨハネスブルグのクリエイティブな魂

ニュータウン文化指定区は、ヨハネスブルグのダウンタウンにある文化とエンターテイメントの街で、歴史的建造物と現代的なエンターテイメントにあふれています。