logoleft

ロベン島刑務所博物館

世界に向けて人権への道を照らす灯台

ロベン島刑務所博物館にはあるのは、ネルソン・マンデラと反アパルトヘイト運動の物語だけではありません。

ロベン島博物館は、350年に及ぶ監禁の歴史を物語っています。ここから逃れることができたのは、投獄者第一号となった策略に長けたアウシュマトだけです。

南アフリカの対立の歴史の中で、ロベン島の役割は植民地化の開始とともに始まります。最初のオランダ人入植者ヤン・ファン・リーベックが原住民であったコイコイ族のリーダー、アウシュマトと対立した時から、島は機能しはじめました。今日では、ロベン島が残す教訓は人類全員に対する遺産です。ロベン島刑務所博物館で、その教訓について学ぶことができます。

ロベン島博物館は、歴史を物語るだけではありません。多様な文化を持つ南アフリカ社会だけでなく、全世界にとって象徴的な意味を持っています。1600年代半ばまでさかのぼる感動的な歴史に加え、正義、人権、自己犠牲のシンボルとなっています。
ロベン島刑務所博物館では、1900年代の反アパルトヘイト活動家がその中心を占めています。そのため監禁場所としてのロベン島刑務所の歴史が、今は亡き先住民族コイコイ族のアウシュマトとともに350年も前に始まったことに気づく人は多くはありません。ケープ地方にやって来た最初のオランダ人入植者、ヤン・ファン・リーベックは、特に植民の土台となった家畜の取引において、アウシュマトを通訳として頼っていました。文化的誤解からアウシュマトはロベン島に追放されましたが、逃げ出すことに成功しました。その後は誰も、ロベン島から脱出することはできませんでした。
3時間半に渡るロベン島博物館のツアーは、ケープタウンのV&Aウォーターフロントにあるマンデラ・ゲートウェイから始まります。ここでは、ロベン島についての様々な展示を見ることができます。その後フェリーで30分かけて島に渡り、厳重警備の刑務所を実際に投獄されたことのある元政治犯がガイドしてくれます。その後45分かけてバスで島を周り、精神病院、軍事基地、ハンセン病隔離施設としてのその歴史を学びます。イスラム教の寺院がある港、マレーベイやミュージアムショップを探索することもできます。
その歴史に加えて、ロベン島の動植物もまた非常に興味深いもので、博物館にはその保全というもうひとつの役割があります。ロベン島には絶滅危惧種を含む132種の鳥と、レイヨウの小さな群れが生息しています。
ロベン島博物館は世界遺産に登録されており、南アフリカ国家遺産でもあります。

ロベン島博物館は、歴史を物語るだけではありません。多様な文化を持つ南アフリカ社会だけでなく、全世界にとって象徴的な意味を持っています。1600年代半ばまでさかのぼる感動的な歴史に加え、正義、人権、自己犠牲のシンボルとなっています。

ロベン島刑務所博物館では、1900年代の反アパルトヘイト活動家がその中心を占めています。そのため監禁場所としてのロベン島刑務所の歴史が、今は亡き先住民族コイコイ族のアウシュマトとともに350年も前に始まったことに気づく人は多くはありません。ケープ地方にやって来た最初のオランダ人入植者、ヤン・ファン・リーベックは、特に植民の土台となった家畜の取引において、アウシュマトを通訳として頼っていました。文化的誤解からアウシュマトはロベン島に追放されましたが、逃げ出すことに成功しました。その後は誰も、ロベン島から脱出することはできませんでした。

3時間半に渡るロベン島博物館のツアーは、ケープタウンのV&Aウォーターフロントにあるマンデラ・ゲートウェイから始まります。ここでは、ロベン島についての様々な展示を見ることができます。その後フェリーで30分かけて島に渡り、厳重警備の刑務所を実際に投獄されたことのある元政治犯がガイドしてくれます。その後45分かけてバスで島を周り、精神病院、軍事基地、ハンセン病隔離施設としてのその歴史を学びます。イスラム教の寺院がある港、マレーベイやミュージアムショップを探索することもできます。

その歴史に加えて、ロベン島の動植物もまた非常に興味深いもので、博物館にはその保全というもうひとつの役割があります。ロベン島には絶滅危惧種を含む132種の鳥と、レイヨウの小さな群れが生息しています。

ロベン島博物館は世界遺産に登録されており、南アフリカ国家遺産でもあります。

フェリー込みのロベン島ツアーを予約するのがベストです。ツアーでは島内の厳重警備な刑務所を訪れ、元政治犯の案内を受けることができます。ガイドつきの45分間の島内バスツアーや、イスラム教寺院とミュージアムショップがあるマレーベイハーバーを探索する時間も取られています。

ツアーは1年中開催されていますが、夏は雨と波のために中止になることがあります。フェリーは気象条件の悪い時には出航できません。

大人約200ランド、子供約100ランド

ツアーの所要時間は3時間半です。

快適な靴、冬場は雨具、カメラをご持参ください。

ケープタウンにはあらゆるタイプと規模の宿泊施設が多数あり、V&Aウォーターフロントにも便利な選択肢が多数あります。

ネルソン・マンデラ・ゲートウェイではよく企画展が行われており、ツアーの前後に見学できます。ウォーターフロントにいる間に、ノーベル平和賞を受賞したマンデラ、ツツ大司教、フレデリック・ウィレム・デクラーク大統領、アルバート・ルツーリの像を忘れずにご覧ください。

ロベン島博物館

電話:+27 21 413 4220/1

(ネルソン・マンデラ・ゲートウェイ、V&Aウォーターフロント)

電子メール:infow@robben-island.org.za

電話:+27 21 409 5169

(ロベン島)

電子メール:infoi@robben-island.org.za

事前予約

電話:+27 21 413 4233/37

FAX:+27 21 418 3736

電子メール:rimbookings@robben-island.org.za

スペシャルツアー

電話:+27 21 411 1037

電子メール:specialtours@robben-island.org.za

ロベン島の灯台

ロベン島の灯台から望むテーブルマウンテン

ロベン島には鵜、カモメ、ミヤコドリの大規模な繁殖コロニーがあります。

ロベン島博物館

ロベン島博物館の物語は、ネルソン・マンデラの投獄にとどまりません。この世界遺産の地には、興味深い歴史と自然遺産があります。