logoleft

南アフリカの自由闘争

自由への長い道のり

350年間かけて、すべての人のための平等と自由を勝ち取った南アフリカ人の物語

3世紀半に渡る南アフリカ人の自由への闘争は、正義を求める人々の挫折と勝利を物語っています。

南アフリカの自由闘争は、全国民にとっての正義という課題を常に掲げていました。アパルトヘイトが南アフリカを支配していた17世紀半ばから20世紀後半まで、平和、愛、人間性を求めて闘いが続きました。

自由への闘争は、南アフリカの歴史の魅惑的な一面です。国中にこの自由闘争の跡地があり、キンバリーのソルプラーチェ博物館、ソウェトのヘクタール・ピーターソン博物館、ヨハネスブルグのコンスティチューションヒル、キングウィリアムズダウン近郊ギンズバーグのスティーブ・ビコ・ガーデン・オブ・リメンブランス(記憶の園)などがあります。
南アフリカの自由闘争は、1652年のオランダ東インド会社によるテーブルベイでの食糧補給基地設立に対するコイコイ族の抵抗から始まります。
しかし、1912年1月にアフリカ民族会議(ANC)の前身が設立されるまでは、強まる圧政に対する抵抗は局地的なものでした。その後もあまり活発でない状態が続きましたが、1948年にアパルトヘイトが南アフリカで法制化されると、それまでとは比べ物にならない弾圧の時代が幕を開けました。
ANCはネルソン・マンデラなどの若い活動家の命を受け、南アフリカをアパルトヘイトから解放することを目的とした大衆主導の運動へと向かっていくようになります。
1960年3月、高まる抵抗はシャープビル虐殺事件に発展し、警察によって抗議運動をしていた69人が殺害されました。パニックの中で政府は非常事態を宣言し、ANCをはじめとする自由解放運動の活動を禁止しました。
これに対しANCは地下組織化することで応じ、武装部門ウムコント・ウェ・シズウェ(民族の槍)を組織し、南アフリカの反アパルトヘイト闘争の最前線に立ちました。一方、政府は弾圧措置を一層強化して抵抗運動の壊滅を目指し、ロベン島に投獄されなかった抵抗運動の指導者たちには国外に出るよう強制しました。
亡命先で再編されたANCは、国内の地下組織と同様、アパルトヘイトに対する圧力を強め、政府はついに1990年、すべての自由解放運動に対する禁止措置を撤廃、投獄されていた指導者を解放して交渉を開始し、1994年4月27日、初の民主選挙の実施に至りました。

自由への闘争は、南アフリカの歴史の魅惑的な一面です。国中にこの自由闘争の跡地があり、キンバリーのソルプラーチェ博物館、ソウェトのヘクタール・ピーターソン博物館、ヨハネスブルグのコンスティチューションヒル、キングウィリアムズダウン近郊ギンズバーグのスティーブ・ビコ・ガーデン・オブ・リメンブランス(記憶の園)などがあります。

南アフリカの自由闘争は、1652年のオランダ東インド会社によるテーブルベイでの食糧補給基地設立に対するコイコイ族の抵抗から始まります。

しかし、1912年1月にアフリカ民族会議(ANC)の前身が設立されるまでは、強まる圧政に対する抵抗は局地的なものでした。その後もあまり活発でない状態が続きましたが、1948年にアパルトヘイトが南アフリカで法制化されると、それまでとは比べ物にならない弾圧の時代が幕を開けました。

ANCはネルソン・マンデラなどの若い活動家の命を受け、南アフリカをアパルトヘイトから解放することを目的とした大衆主導の運動へと向かっていくようになります。

1960年3月、高まる抵抗はシャープビル虐殺事件に発展し、警察によって抗議運動をしていた69人が殺害されました。パニックの中で政府は非常事態を宣言し、ANCをはじめとする自由解放運動の活動を禁止しました。

これに対しANCは地下組織化することで応じ、武装部門ウムコント・ウェ・シズウェ(民族の槍)を組織し、南アフリカの反アパルトヘイト闘争の最前線に立ちました。一方、政府は弾圧措置を一層強化して抵抗運動の壊滅を目指し、ロベン島に投獄されなかった抵抗運動の指導者たちには国外に出るよう強制しました。

亡命先で再編されたANCは、国内の地下組織と同様、アパルトヘイトに対する圧力を強め、政府はついに1990年、すべての自由解放運動に対する禁止措置を撤廃、投獄されていた指導者を解放して交渉を開始し、1994年4月27日、初の民主選挙の実施に至りました。

アパルトヘイト博物館

アパルトヘイト博物館の内部

ロベン島はかつてハンセン病患者の隔離施設でした。

南アフリカの自由闘争―希望の物語

南アフリカの自由闘争は、この国が色によって分断されていた何百年にも渡る物語で、1994年にすべての人に対する人権の保障に道が開かれました。