logoleft

ヨハネスブルグ

金の街・・・そして魅惑的な街

活気あるヨハネスブルグではありふれた瞬間など1秒たりともありません。

ヨハネスブルグは、他の国際的な大都市と同様、エンターテイメントとレジャーにあふれた、素晴らしい訪れてみるべき都市のひとつです。

ヨハネスブルグは、とにかくたくさんの見所がある街です。素晴らしいレストラン、くつろいだ歩道のカフェ、笑い声でいっぱいのシェビーン(かつての闇酒場)、巨大なショッピングモール、静かな公園、感動的な博物館、スリリングなカジノ、ごった返した黒人居住区、魅力的なギャラリー、ファンキーなナイトクラブ。これはほんの一例です。

 

ヨハネスブルグにはバラエティに富んだ多数のエンターテイメントやレジャーがありますので、必ずエネルギーをたっぷり蓄えておいてください。
2010年のFIFAワールドカップの開催地となったヨハネスブルグには、パブ料理のバーからピザのテイクアウト、アフリカ料理のインスピレーションを受けた食堂、大変好まれる1杯のコーヒーからヘルシーな食事などあらゆるものが楽しめる快適なデリカテッセンまで、様々なレストランがあります。まさにあらゆる種類のレストランがあり、カクテルバーやシガーバー、高級レストランもあります。ソウェト(有名なビラカジストリート沿い)に多数あるレストランのひとつに繰り出してみましょう。あるいは、ノーウッド、パークハースト、グリーンサイドのソーホータイプの村で太陽の日差しを浴びてみてください。
ヨハネスブルグはそのとてつもないナイトライフで知られています。ソウェトのファンキーなクラブやパブからニュータウンのゆったりしたジャズのビート、北部の郊外のスタイリッシュな通りまで、ジョージ―(地元の人によるヨハネスブルグの愛称)ではどんな趣味の人でも楽しめます。この街の多文化でコスモポリタンな鼓動と「楽しもう」と誘いかけてくる雰囲気を、あなたはきっと気に入るでしょう。コメディ劇場、ジャズバー、ロックからポップ、クワイト、ハウスまで、ライブハウスをお探しなら、すべてここにあります。
ヨハネスブルグで欠かせない見所には、南アフリカの波乱の過去について学べるアパルトヘイト博物館とコンスティチューションヒル、ヨハネスブルグ動物園のライオンのうなり声を聞きながらヨハネスブルグの緑を一望できるウェストクリフホテルで眺める日没、サントンシティ、ネルソン・マンデラ・スクエア(巨大なネルソン・マンデラ像があります)、ローズバンクモール(素晴らしいアフリカンマーケットがあります)、ソウェトのマポニアモールなど多数の有名設計者によるショッピングモールでのショッピング、モンテカジノ、ゴールドリーフシティ、エンペラーズパレスでのカジノ遊び、そしてこれらすべての楽しみの集大成となる、数々のスパリゾートなどがあります。

ヨハネスブルグにはバラエティに富んだ多数のエンターテイメントやレジャーがありますので、必ずエネルギーをたっぷり蓄えておいてください。

2010年のFIFAワールドカップの開催地となったヨハネスブルグには、パブ料理のバーからピザのテイクアウト、アフリカ料理のインスピレーションを受けた食堂、大変好まれる1杯のコーヒーからヘルシーな食事などあらゆるものが楽しめる快適なデリカテッセンまで、様々なレストランがあります。まさにあらゆる種類のレストランがあり、カクテルバーやシガーバー、高級レストランもあります。ソウェト(有名なビラカジストリート沿い)に多数あるレストランのひとつに繰り出してみましょう。あるいは、ノーウッド、パークハースト、グリーンサイドのソーホータイプの村で太陽の日差しを浴びてみてください。

ヨハネスブルグはそのとてつもないナイトライフで知られています。ソウェトのファンキーなクラブやパブからニュータウンのゆったりしたジャズのビート、北部の郊外のスタイリッシュな通りまで、ジョージ―(地元の人によるヨハネスブルグの愛称)ではどんな趣味の人でも楽しめます。この街の多文化でコスモポリタンな鼓動と「楽しもう」と誘いかけてくる雰囲気を、あなたはきっと気に入るでしょう。コメディ劇場、ジャズバー、ロックからポップ、クワイト、ハウスまで、ライブハウスをお探しなら、すべてここにあります。

ヨハネスブルグで欠かせない見所には、南アフリカの波乱の過去について学べるアパルトヘイト博物館とコンスティチューションヒル、ヨハネスブルグ動物園のライオンのうなり声を聞きながらヨハネスブルグの緑を一望できるウェストクリフホテルで眺める日没、サントンシティ、ネルソン・マンデラ・スクエア(巨大なネルソン・マンデラ像があります)、ローズバンクモール(素晴らしいアフリカンマーケットがあります)、ソウェトのマポニアモールなど多数の有名設計者によるショッピングモールでのショッピング、モンテカジノ、ゴールドリーフシティ、エンペラーズパレスでのカジノ遊び、そしてこれらすべての楽しみの集大成となる、数々のスパリゾートなどがあります。

 

ヨハネスブルグにはすべての道がつながっていますので、飛行機、車、バスのどれでも簡単にアクセスできます。飛行機の国際線及び国内線は、ORタンボ国際空港に就航しています。

空港から街へ向かうハウトレインとバス高速交通システムは、最近新しく加わった交通手段です。タクシーは24時間営業で、多数の国際チェーンのレンタカー会社もあります。

通常、日中は天候に恵まれ温暖ですが、ハウテン州の冬の夜は冷え込み、非常に寒い日が3、4日続くこともあります。適切な洋服をお持ちください。ハイフェルド(高草原地帯)の激しい雷雨は通常春(9月)に見られ、見応えがあります。レインコートをお持ちください。

ヨハネスブルグにはあらゆるニーズと予算に合う宿泊施設があります。

祖国が恋しくなった人にとって嬉しいことに、コスモポリタンな街であるヨハネスブルグには、ブラジル料理、タイ料理、エチオピア料理、トルコ料理と、ありとあらゆる各国料理のレストランがあります。モヨなどのアフリカ料理のレストランや、ソウェト黒人居住区の伝統的なレストランも忘れずにお試しください。「ブラーイ」(バーベキュー)に誘われるのも良いでしょう。

ヨハネスブルグでお勧めのツアーには、ソウェト、ゴールドリーフシティ、コンスティチューションヒル、アパルトヘイト博物館のツアーがあります。人類のゆりかごも車で約1時間のところにあります。アドベンチャーや楽しみをお探しなら、近郊のマガリースバーグ山脈やサンシティをお訪ねください。

リサイクル品から生まれた歩道のアート作品。

 

ヨハネスブルグ観光会社

195 Jan Smuts Avenue

Ground Floor, Grosvenor Corner

Parktown North

電話:+27 (0)11 214 0700

FAX:+27 (0)86 520 0713

電子メール:pontsho@joburgtourism.com

www.joburgtourism.com

 

ヨハネスブルグには約600万本の木があります。都会の森と呼ばれるのも不思議ではありません。

ヨハネスブルグの終わりなきエンターテイメントとレジャー

ヨハネスブルグには世界有数の果てしないエンターテイメントとレジャーがあり、素晴らしい鼓動と多数の文化、何百万本もの木、興味深い歴史を楽しむことができます。